概要

・まず、各先生の写真やイラストが必要になります。150ピクセル × 150ピクセル のサムネイルが表示されるので、用意するファイルは同じサイズか、それより大きい正方形の画像にトリミングしておいてください。または、アップロード後にこの管理画面の機能を用いてトリミングすることが可能です。

・「教師情報」→「新しい投稿」をクリックして、校舎に関わる先生の情報を一人ずつ入力していきます。

・複数の校舎に関わる先生の情報は、それぞれの校舎で別々に登録します。それぞれの校舎に適した内容で登録してください。(右側の「校舎」のチェックボックスのところで、複数の校舎をチェックすることはありません)

教師情報03

・教師情報の実際の表示確認は、「校舎情報」のページを表示確認することで行ってください

 

入力項目について

上から・・・

・「ココにタイトルを入力」の大きめの欄に漢字での氏名(姓と名の間は全角スペース)

・教師氏名(かな) この内容で実際のWEBページでの並び順が決まります。

・担当(教科など) 基本的には担当教科を記入。

・教師画像 上の注意点を踏まえた画像をアップロードして使用する。写真にするかイラストにするかは校舎での判断となります。ここは、校舎間で統一することより、校舎内で統一することを重視してください。

・本文記入用テキストエリア ここに先生からのメッセージを記入。校舎内で文字数をそろえた方が実際のWEBページでの見映えがいい。

右サイド・・・

・「校舎」 当該校舎をチェックする。複数校舎に関わる先生も、ここでは当該校舎一つだけをチェックし、他校舎のぶんは他校舎ユーザーとしてログインして入力(おそらく校舎ごとに担当者が自分の校舎に関わる先生の情報をまとめて入力するので、他校舎のことは気にしないでそれぞれ自分の校舎の先生を入力する。)


 

ひと通り入力し終えた画面

教師情報01

 

 

パーマリンクとスラッグ

教師情報02

新しい記事を投稿する際、最初は表示されていませんが、「公開」や「自動保存」などのタイミングで、タイトル欄(ここでは漢字の教師氏名を入力)の下に、「パーマリンク」と銘打ったURL文字列が表示されます。

これは、この投稿内容を単独表示するURLです。(ただし、実際に表示するには準備が必要で、現時点では「教師情報」を個別に表示する準備はしていません。よって「ページがみつかりません」となります。)(現時点では教師情報を単独で表示する予定はありません)

このパーマリンク文字列の末尾にくる文字列はスラッグと呼ばれます。通常、URLの末尾は本来ファイル名で、記事を特定する部分です。なので同じスラッグが複数の記事に割り当てられると同じURLが複数存在することになり不都合です。
標準ではタイトル欄に入力した値がスラッグとして自動的に設定されますが、既に同じ文字列が使われている場合は末尾に番号が付加されます

ある校舎で「育英 花子」先生の情報を投稿して、他校舎でも「育英 花子」先生の情報を投稿すると、最初の校舎の記事のスラッグは「育英 花子」になりますが、それ以降の校舎では「育英 花子-2」のようなスラッグになります。ハイフンはつかなかったかもしれません。いずれにしても、番号がついてもそれはトラブルではありません

教師情報についてはパーマリンクもスラッグも特に使用されませんが、自動的に生成される文字列のままにしておいてください。

校舎情報ページのスラッグは既に決まっていますが、これは内部的に参照して処理を分岐させているので絶対に変更しないでください